2015年07月27日

北アルプス(唐松岳)ハイキング

先週末は、北アルプス(唐松岳)へハイキングに行ってきました。最初の写真が唐松山荘前から撮った唐松岳です。

karamatu001DSC_0148.JPG karamatu002DSC_0009.JPG karamatu005DSC_0007.JPG

7/24(金)新宿23:54発ムーンライト信州81号に乗って、白馬駅に出発。白馬駅前からバスに乗って、八方バスターミナルへ行き、そこからゴンドラ乗り場まで10分ほど歩きます。その後、ゴンドラと2つのリフトを乗り継いで、八方池山荘のある1830mまで一気に上がります。八方池山荘から八方池までは、八方自然研究路となっており、所々に高山植物が咲き乱れていました。八方池山荘からは、自然研究路の木道のルートと白馬三山が望めるガレ場のルートがありますが、迷わず八方池山荘裏から伸びるガレ場の直登コースを選択。この急登りの右手には、白馬三山が綺麗に見えています。しかし、この日は、残念ながら、白馬三山の山頂部は、雲の中に隠れて見えませんでした。

karamatu003DSC_0010.JPG karamatu004DSC_0012.JPG karamatu006DSC_0020.JPG

ひと登りして、自然研究路の木道と合流した場所には、トイレ休憩所があり、その先に第2ケルン(息ケルン)2005mがあります。更に登ると、今度は、八方ケルン2035mがあります。

karamatu007DSC_0024.JPG karamatu008DSC_0025.JPG karamatu009DSC_0028.JPG

八方ケルンからひと登りすると、右手下に八方池が現れ、更に右手には、白馬三山、正面には、キレット、唐松岳への登りコース、左手正面には、五竜岳が望めます。その場所には、お地蔵さんが一つ、その先に第3ケルン2080mがあります。今回、風が強かったのと白馬三山の山頂部に雲がかかっていたため、八方池には、下らず、そのまま唐松岳方向に向かいました。八方池までは、道も整備されており、登山計画届も不要です。

karamatu010DSC_0031.JPG karamatu011DSC_0034.JPG karamatu012DSC_0036.JPG

八方池から先は、登山装備が必要な道となっています。と言っても、比較的登りやすい登山道でした。八方池からしばらく登ると、ダケカンバの生える林の森に入ります。それまで、高い木も無い登山道でしたが、ここでは、気が茂る登山道が、太陽の日を隠してくれ、少し涼しい感じがしました。

karamatu013DSC_0039.JPG karamatu014DSC_0043.JPG karamatu015DSC_0045.JPG

ダケカンバの森を過ぎると、雪渓が現れ、雪渓に沿って上がって行きます。途中、雪渓を登る場所もありますが、迂回コースもあり、一応アイゼンも持って行きましたが不要でした。

karamatu016DSC_0047.JPG karamatu017DSC_0050.JPG karamatu018DSC_0051.JPG

雪渓の場所を登り切ると、丸山ケルンが見え、丸山ケルンのある休憩場所からは、視界がひらけ、再び白馬三山や五竜岳を望むことができます。

karamatu019DSC_0055.JPG karamatu020DSC_0062.JPG karamatu021DSC_0068.JPG

丸山ケルンから先は、比較的緩やかな登山道となっており、途中、唐松山荘の少し手前に落石注意の細い登山道がありますが、しっかりした道なので心配いりません。ただし、情けない事に、この日、この場所の少し手前に脚が攣り、騙し騙し、登り、通常丸山ケルンから1時間ほどで到着する唐松山荘に、60分も余分に時間がかかってしまいました。ミネラル不足といつもより重い荷物のせいでしょう。山の角を曲がったその先に唐松山荘が見えた時には、ホットしました。唐松山荘の前斜面には、テント場もあり、その先に最初の写真の唐松岳を望むことができました。この日は、天気も良かったのですが、安全を見て、山荘までとしました。

karamatu021IMG_20150725_161945.jpg karamatu021IMG_20150726_053023.jpg karamatu021IMG_20150726_054659.jpg

唐松山荘は、食堂にある本館と50mほど離れた先にある別館の2棟が立っています。本館宿泊は、800円割り増しになっています。収容人数700名。この日は、500名ほどで、最初受付の際、3枚の布団に8名ぐらいが泊まるかもしれないと話がありました。部屋に入ってみると、1枚の布団に3つの枕があり、それが3枚横に並べられていました。こんな狭い状況で寝るのと思っていると、結局6名で使用。食後、思ったよりは、少ないとのことで、最終的に3枚の布団に4名で落ち着きました。よかったよかった。夕食と朝食は、こんな感じでした。

karamatu022DSC_0077.JPG karamatu023DSC_0110.JPG karamatu024DSC_0117.JPG

karamatu025DSC_0103.JPG karamatu026DSC_0120.JPG karamatu027DSC_0121.JPG

karamatu028DSC_0124.JPG karamatu029DSC_0127.JPG karamatu030DSC_0128.JPG

25日は、21時までは、部屋でくつろいだり、食堂解放後は、他の登山客と談話タイム。関西や地元から来られた方と楽しい時間を過ごしました。翌朝は、3時半起きで、まだ暗い4時に唐松岳へ出発。唐松山荘から約100m程の高度で唐松岳山頂(2696m)に到着します。唐松山荘からは、荷物がなかったこともあり、20分程で山頂まで登ることができました。山頂到着時点では、暗い中に周りの山が陰になって見える状況で、下には雲海が見えていましたが、だんだん、空に明かりがさしてくると、富士山などもシルエットで見えるようになりました。更に待っていると4:50分頃、雲海の先に太陽が上がり始め、ご来光も臨むことができました。山頂からは、白馬三山に向かうコースに不帰ノ嶮キレットが良く見えました。昨夜談話していた人は、一人で早朝からここを経由して白馬岳に向かうと言ってましたが、大丈夫だったのでしょうか?更に五竜岳、モルゲンロートなどアルプスの山々が一望できました。

karamatu031DSC_0130.JPG karamatu032DSC_0135.JPG karamatu033DSC_0137.JPG

唐松岳を下り唐松山荘に向かう途中、五竜岳方面に目をやると、右手に槍が岳が見えていました。この日は、素晴らしい天候に恵まれ最高でした。

karamatu034DSC_0155.JPG karamatu035DSC_0156.JPG karamatu036DSC_0157.JPG

唐松山荘に戻ってから朝食7時まで時間がありましたが、予約時間より早めに食べても良いと言われ、出発も早く出ることができました。6時半に出発。この日は、25日よりも天気が良く、更に脚攣りも無かったため、丸山ケルンへのコースの写真も取れました。途中コースには、落石に注意が必要な上記写真のような場所もあります。

karamatu037DSC_0163.JPG karamatu038DSC_0164.JPG karamatu039DSC_0167.JPG

この日の白馬三山には、雲ひとつなく、山頂も綺麗に見えました。また、不帰ノ嶮キレットもそのアップダウンが見事に見えました。とても私には、無理なコースです。

karamatu040DSC_0191.JPG karamatu041DSC_0194.JPG karamatu042DSC_0202.JPG

途中富士山からのデジタル簡易無線の交信も楽しみ、八方池まで快調に下りました。八方池からの白馬三山も見事でしたが、風があり、湖面が波打って、逆さ白馬を写すには、良くない状態でした。しばらく、風が収まるのを待ちましたが、断念。上の写真が一番良い状態の時の写真です。とにかく天気が良く、唐松岳山頂では、寒い状態でしたが、丸山ケルン、八方池と下るにつれて、気温がどんどん上がり、八方池山荘に着くころには、半袖シャツ1枚で十分の状態でした。八方池で長時間居たにもかかわらず、下山した時間は、10時過ぎ。その後、温泉に浸かって、白馬駅には、11時30分には、到着。予定していた電車よりも早い電車に乗れたので、自宅に20時前には帰宅することができました。

karamatu043IMG_20150726_070746.jpg

今回、北アルプスの尾根まで登れたこと、天候に恵まれたこと、初めての山荘泊デビュー、初ご来光など素晴らしいハイキングを満喫することができました。日帰り山行も良いですが、やっぱりゆっくり山の中で過ごしたいですね。

(出会った高山植物の数々)
karamatuhanaDSC_0003.JPG karamatuhanaDSC_0014.JPG karamatuhanaDSC_0004.JPG

karamatuhanaDSC_0032.JPG karamatuhanaDSC_0037.JPG karamatuhanaDSC_0017.JPG

karamatuhanaDSC_0018.JPG karamatuhanaDSC_0040.JPG karamatuhanaDSC_0038.JPG

karamatuhanaDSC_0170.JPG karamatuhanaDSC_0139.JPG karamatuhanaDSC_0165.JPG

karamatuhanaDSC_0158.JPG karamatuhanaDSC_0152.JPG karamatuhanaDSC_0154.JPG

karamatuhanaDSC_0147.JPG karamatuhanaDSC_0041.JPG

※今年28回目のハイキングでした。


posted by k_iwasa at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

天神平ハイキング

昨日は、山仲間のシンさんと天神平へハイキングに行ってきました。前日1か月前に引いた風邪がぶり返し、咳が酷く、体調も不調でしたが、天神平なら最悪、ロープウェイとリフトで山頂も踏めるかと思い、出かけることにしました。

DSC_0761doai.JPG DSC_0766tenjin.JPG DSC_0769tanjin.JPG

新三郷5:42分に乗って、最初深谷駅まで行き、一旦下車、改札を出て、ここから使える群馬世界遺産ワンデーパス(2100円)を購入。深谷駅で再び乗車し、一村一山号快速電車に乗って、土合駅を目指します。土合駅を下車した後は、地下駅から486段の階段を登って、地上駅に上がります。この日、一番の難所だったかもしれません。土合駅からは、30分程車道を登って、ロープウェイ駅まで上がり、ここからは、ロープウェイを使って、一気に天神平まで高度を上げます。天神平には、谷川岳に向かう多くのハイカーがいました。

DSC_0765tanigawa.JPG DSC_0772tanigawa.JPG DSC_0775tenjin.JPG

天神平からは、この時期にしては、珍しく、雲のかかっていない谷川岳の雄姿を見ることができました。

DSC_0783asahi.JPG DSC_0787tanigawa.JPG DSC_0790tenjin.JPG

天神峠の尾根に登ると、360度の展望が開け、晴天の中、朝日岳、至仏山、武尊山、皇海山なども見渡せました。

DSC_0796tenjin.JPG DSC_0791hotaka.JPG DSC_0792sukai.JPG

DSC_0793akagi.JPG DSC_0794komochi.JPG DSC_0795adumaya.JPG

その後、山頂の母屋で昼食を取り、山頂からの展望も楽しめました。ここからは、上の写真の標識、武尊山、皇海山、下段の写真は、左から赤城山、子持山、吾妻那山。

DSC_0767hana.JPG DSC_0768hana.JPG

DSC_0804kisuge.JPG DSC_0801hana.JPG

天神平では、またニッコウキスゲなどの花も楽しむことができ、体調もすっかり良くなりました。帰りは、群馬世界遺産ワンデーパスを使って、なるべく安く帰るべく、土合〜新前橋〜伊勢崎〜太田〜久喜〜新越谷と遠回りをして帰宅しました。電車の旅もなかなか良いものです。

※今年、27回目のハイキングでした。

posted by k_iwasa at 21:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする