2016年07月31日

入笠山ハイキング

昨日は、入笠山ハイキングへ行ってきました。ムーライト信州に乗って、金曜日の夜出発、富士見駅に3:25頃到着。駅舎のベンチで、朝まで過ごし、6時半頃駅前にタクシーが来たので、それに乗って、入笠山まで行きました。タクシー代は、駅から1400円程でした。

DSC_0526nyuukasa.JPG DSC_0527nyuukasa.JPG DSC_0528nyuukasa.JPG

入笠山に到着してみると、この日は、マウンテンバイクの大会が開催されるらしく、麓のゴンドラ乗り場周辺は、沢山のバイカーで賑わっていました。

DSC_0532nyuukasa.JPG DSC_0621nyuukasa.JPG DSC_0619nyuukasa.JPG

ゴンドラリフトに乗って、上がると、途中、下には、山間の縫って走るマウンテンバイクのコースが見えました。ゴンドラリフトの山頂駅に到着すると、ここからも素晴らしい展望でした。

DSC_0546nyuukasa.JPG DSC_0614nyuukasa.JPG DSC_0570nyuukasa.JPG

ゴンドラリフトの降り場建物のすぐ横に入笠山登山口があります。登山口に入るとすぐに高山植物の花が咲き乱れており、流石、花の山と呼ばれる入笠山と思いました。しばらくすると下りになり、一旦は、入笠湿原までは、下りが続きます。入笠湿原までは、ゴンドラリフトから20分ほど、そこからは、登りになり、途中、お花畑の斜面もあり、花花華。

DSC_0596nyuukasa.JPG DSC_0594nyuukasa.JPG DSC_0579nyuukasa.JPG

入笠湿原から40分ほどで、入笠山山頂1955mになります。山頂直下が10分ほど、少し急登がありますが、全体的に歩きやすく、気持ちの良い山散歩ができます。この日は、曇りでしたが、山頂からは、八ヶ岳の山々や北アルプス、中央アルプスの山々も見え、まずまずの展望でした。歩く時間は、山頂まで1時間ほど、帰りも1時間弱の山歩きですが、今回は、花の写真撮影が主体で、じっくり時間をかけて、散策してみました。

DSC_0625nyuukasa.JPG DSC_0629nyuukasa.JPG

下山してみると、麓では、レース真っ盛り、子供のレース中でしたが、隣の斜面では、試走する大人のライダーが斜面を駆け下りていました。帰りには、入笠山入口から12分ほど下ったところにある水神の湯に浸かり、定番のマイタケ天ざるそばを食べて、帰宅の途につきました。この日も充実した一日でした。

【入笠山の高山植物】
DSC_0551nyuukasa.JPG DSC_0543nyuukasa.JPG

DSC_0541nyuukasa.JPG DSC_0548nyuukasa.JPG DSC_0538nyuukasa.JPG

DSC_0544nyuukasa.JPG DSC_0537nyuukasa.JPG DSC_0547nyuukasa.JPG

DSC_0536nyuukasa.JPG DSC_0540nyuukasa.JPG DSC_0539nyuukasa.JPG

DSC_0561nyuukasa.JPG DSC_0560nyuukasa.JPG DSC_0556nyuukasa.JPG

DSC_0562nyuukasa.JPG DSC_0564nyuukasa.JPG DSC_0559nyuukasa.JPG

DSC_0554nyuukasa.JPG DSC_0549nyuukasa.JPG DSC_0558nyuukasa.JPG

DSC_0611nyuukasa.JPG DSC_0567nyuukasa.JPG DSC_0576nyuukasa.JPG

DSC_0568nyuukasa.JPG DSC_0566nyuukasa.JPG DSC_0601nyuukasa.JPG

※今年25回目のハイキングでした。
※コースタイムは、ヤマレコに掲載しましたので、ご参照ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-927229.html










posted by k_iwasa at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霧ヶ峰ハイキング

先週末は、百名山の霧ヶ峰へハイキングに行きました。本当は、今夏初めての青春18きっぷとムーンライト信州81号の旅として、昨年霧と雨と強風で途中断念した乗鞍岳を目指す予定でしたが、天気予報では、雨模様だったため、急きょ、天気がよさそうな霧ヶ峰に行くことにしました。

DSC_0524kirigamine.JPG

22日(金)23:54新宿発のムーンライト信州81号に乗って、茅野駅に3:35に到着。車山高原行のバスが、7:45発だったので、駅の待合室の椅子に座って、うとうと。寝袋を持ってきて、駅舎の中で仮眠をとっている女性もいました。車山高原に到着すると、山頂は、雲の中。

DSC_0477kirigamine.JPG DSC_0479kirigamine.JPG DSC_0482kirigamine.JPG

リフトを2つ乗って、一気に山頂まで上がれます。リフトの山頂駅からは、車山山頂まで、歩いて、3分。
山頂には、気象観測所があり、その奥に山頂標識がありました。霧ヶ峰の最高峰が車山なので、山頂標識に百名山と記されているかと思いましたが、何も表示されていませんでしたので、車山が百名山と知ったのは、帰宅してからでした。山頂は、雲の中で、展望は、あまりよくありませんでしたが、しばらくすると雲が切れて高原が見え始めました。

DSC_0485kirigamine.JPG DSC_0499kirigamine.JPG DSC_0496kirigamine.JPG

山頂からリフト降り場へ戻り、脇の階段を下りていくと、途中から雲が切れて、高原全体が見渡せるようになりました。一旦山頂から100mほど下り、そこから花と笹原に覆われた高原を八島が原湿原まで300mほど下ります。途中、蝶々深山という丘の登り返しもありますが、全体的になだらかな高原を山頂から下っていきます。

DSC_0501kirigamine.JPG DSC_0508kirigamine.JPG DSC_0509kirigamine.JPG

また、湿原途中にある物見台には、ゴジラが岩を咥えたような岩がありました。

DSC_0510kirigamine.JPG DSC_0513kirigamine.JPG DSC_0523kirigamine.JPG

物見台からは、八島が原湿原が良く見えました。また、高原全体が見渡せ素晴らしい展望でした。

【霧ヶ峰に咲く、高山植物】
DSC_0489kirigamine.JPG DSC_0490kirigamine.JPG DSC_0497kirigamine.JPG

DSC_0495kirigamine.JPG DSC_0488kirigamine.JPG DSC_0491kirigamine.JPG

※今年24回目のハイキングでした。
※コースタイムは、ヤマレコに掲載しましたので、ご参照ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-922315.html


posted by k_iwasa at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

夏山ハイキング

季節は、夏ですね。連日30度前後の気温が続き、これでは、秩父や奥武蔵などの常連の山は、涼しいと言っても地獄のような暑さになります。ダイエットには、良いかもしれませんが、熱中症対策で水分補給が大変です。それと暑くなると近場の山を登る人が減って、メジャーコースでも歩いている人がいなくなるのもこの時期です。3年前に関東ふれあいの道埼玉コースの完全踏破のため、奥武蔵の夏山を歩いていたら、コース上、後ろからも前からも誰も会わなかったことがあります。足での挫いて遭難したら、誰も助けを呼べません。そんなこんなで携帯するようになったのが、デジタル簡易無線。上記の経験から、携帯電話のつながらない山で少しでも安心を得るための施策ですね。

前置きが長くなりましたが、これからの暑い夏シーズンは、やはり2000m級以上の山が連なるアルプス連峰に避暑を求めて登りたいものです。また、ちょうど良いタイミングで発売されるのが青春18きっぷ(7/20〜9/10までの期間中5日分の普通・快速電車乗り降り自由の乗車券。連続した日でなくともOKで、11,850円なので、1日分2,370円)、これと金曜日の夜に新宿(23:54)発-白馬行の夜行列車(ムーンライト信州81号)の指定券520円と合わせれば、3,000円前後で、白馬を終点に、北アルプスの山を日帰りなんてことも可能です。

※注意:青春18きっぷをフルに使いたい場合は、ムーンライト信州の始発日(金曜日分)でキップを使わず、日付が変わる立川から青春18きっぷを使います。よって、金曜日乗車分は、立川駅まで、別の切符を購入して、乗車し、ムーンライト信州の車内で、青春18きっぷの乗車印を押してもらいます。これで土曜日24時までに帰宅すれば、アルプスでも1日分で日帰り可能です。

北アルプスの山頂まで登るなら、日帰りは、無理です。健脚で速攻で上がれる人なら、唐松岳ぐらいなら日帰りも可能ですが、折角のアルプス。ゆっくり山の景色を見ながら歩きたいものです。山頂まで登るなら1泊コースで、青春18きっぷ2日分消費を覚悟で、行きましょう。それでもリフトやゴンドラを使っても10,000円そこそこで楽しめます。

日帰りお勧めコースは、
白馬駅から八方自然研究路の高山植物を楽しんで八方池を楽しむコース
白馬駅から栂池自然園を散策するコース
松本経由新島々駅から乗鞍岳を歩くコース
岡谷経由駒ヶ根駅から木曽駒ヶ岳を歩くコース  など

私も今年は、すでにムーンライト信州81号の切符をゲットしました。一応、休みの前日になる7/22、7/29、8/5、8/10、8/12、8/20の切符をゲットすることができました。

IMG_20160710_141637s.jpg

ムーンライト信州81号は、7月から9月上旬の夏休みの期間の金曜日、土曜日の夜および8月第一週の平日に運航しています。非常に人気のある切符で、1か月前の10時発売と同時に売り切れてしまいます。JRの窓口で10時打ちでも取れないことがあります。なぜ、こんな人気の切符が毎週取れるのか。その方法を少し書いてみます。

1.1か月+1週間前に「えきネット」で事前予約登録をする。(当然確率は40%ぐらいかな)

2.仲間が入れば、、仲間同士でも申し込む。(誰かが当たれば、ゲットできる)

3.予約が外れた場合、当日「えきネット」でひたすらキャンセルをチェックする。
※発売日が今日のように週末なら、キャンセルは、10時10分ぐらいから出だします。たぶん、仲間同士で予約を入れて、重複して当たった場合、キャンセルするのでしょう。また、平日から会社帰りにキャンセルする人も多く、当日の夕方から、ぽつぽつキャンセルが出ます。これをすかさずゲットする。結構みなさん狙っているようで、キャンセルが出てもすぐ、売れてしまいタッチの差で取れない場合も多いです。

4.定期的にキャンセルをチェックする。(ねらい目は、朝と夕方の通勤時間帯)

5.出発当日の18:00-20:30ぐらいに集中的に「えきネット」でチェックする。
※当日この時間にもキャンセルが出ます。たぶん行く場所の天気や都合でキャンセルするのでしょう。

上記のパターンで私は、ほぼ100%切符が取れました。とにかく、えきネットをフルに活用して、気長に取るということです。これからの夏、アルプスに挑戦しては、如何でしょうか?

【これからの予定】(2016/07/16更新)
7/16(土) 尾瀬沼周遊ハイキング ※手術のため中止
7/23(土) 車山高原ハイキング  ※ムーンライト信州81号+青春18きっぷ
7/30(土) 乗鞍岳ハイキング   ※ムーンライト信州81号+青春18きっぷ
8/06(土) 八方自然研究路    ※ムーンライト信州81号+青春18きっぷ
8/11(木) 未定         ※ムーンライト信州81号+青春18きっぷ
8/13(土) 未定         ※ムーンライト信州81号+青春18きっぷ
8/21(日)22(月) 立山   ※ムーンライト信州81号+青春18きっぷ
8/27(土) 未定         ※ムーンライト信州81号+青春18きっぷ

※アルプスの予定は、天気とにらめっこして、予定を組み替えます。







posted by k_iwasa at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

谷川岳・天神平ハイキング

投稿遅れましたが、7/3(日)谷川岳の山開きでハイキングに行ってきました。

tenjinDSC_0410.JPG tenjinDSC_0411.JPG tenjinDSC_0436.JPG

この日は、谷川岳の山開きの日。前日23:35上野発の谷川岳山開き号の夜行に乗って、土合まで行き、谷川岳ロープウェイを一番に乗れたので、天神平駅から谷川岳山頂を目指しました。

tenjinDSC_0449.JPG tenjinDSC_0442.JPG tenjinDSC_0457.JPG

しかし、途中、腹具合が悪くなり、熊穴沢避難小屋まで行ったところでストッパーを飲んで、しばらく待避。何とか行けるかと思い再び歩き出しましたが、急登で渋滞。再び具合が悪くなり、目の前に谷川岳が見えるのに撤退しました。その後は、急いで天神平ヘ戻り、タリラリ状態でトイレヘゴー。

tenjinDSC_0459.JPG tenjinDSC_0435.JPG tenjinDSC_0434.JPG

すっきりしたあと一気に具合が良くなりましたが、再び谷川岳を目指す元気までは出ず、今回は、谷川岳山頂は断念しました。まだまだ時間も早かったので、天神平から天神峠ヘ登り、山々の写真撮影。谷川岳山頂は、雲がかかっていました。天神峠を登る途中小雨も降ってきたので、谷川岳山頂は、結構な雨かも。天神平では、ニッコウキスゲの写真を撮った後、下山しました。

※今年23回目のハイキングでした。


posted by k_iwasa at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小江戸川越ぶらり旅

投稿が遅くなりましたが、6/26(日)に小江戸川越へハイキングに行ってきました。

IMG_20160626_131803.jpg

今回は、山行ではないですが、昔の趣の街を散策し、楽しい時間を過ごすことができました。

※今年22回目のハイキングでした。前回のハイキングは、蓑山で19回目と表示しましたが、軽いハイキングや町中ハイキングを外してカウントしていました。これもハイキングの一部なので、今後は、訂正して、表示します。


posted by k_iwasa at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美の山(蓑山)ハイキング

投稿が遅くなりましたが、6/18(土)には、秩父の美の山(蓑山)へハイキングに行ってきました。美の山は、花の山で有名で、この日は、アジサイが開花していました。

IMG_20160618_094044.jpg IMG_20160618_094024.jpg IMG_20160618_105747.jpg

ただし、アジサイの群生もまた4分咲きでした。それでも開花したアジサイは、綺麗でした。この日は、非常に暑い日でしたが、山頂は、そよ風もあり、また地上よりも涼しく、気持ちの良い登山となりました。

pic_1466211017379.jpg pic_1466210984941.jpg IMG_20160618_115806.jpg

山頂では、無線も楽しみゆったりした時間つぶしになりました。下山後、駅で電車を待っていると、長瀞方面からSLが走ってきました。

※今年19回目のハイキングでした。
※山行記録をヤマレコに掲載しました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-898979.html



posted by k_iwasa at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする