2011年03月19日

HCJBが震災特別番組を企画

HCJB尾崎さんからのニュースがあります。東北地方太平洋沖地震の状況を知り、HCJBオーストラリアから、番組を30分延長して、被災者の方々向けの放送をしないかと連絡があったそうです。そのため、次週3/26(土)のサタデートークの後、8時から30分の特別放送を企画したいとのことです。この番組では、とくにHCJBリスナーの方々の安否情報を流すとともに、国内や海外からの『励ましのメッセージ』や被災者義援金の窓口を紹介したいと考えています。 そこで、みなさまの周辺で被災地に住むリスナーの方の消息をご存知でしたらぜひメールでご連絡いただきたいとのことです。失意にある人々への『励ましのメッセージ』も歓迎されます。すすめられている援助活動の様子などをご存じの方からの情報も求めています。詳しくは、HCJB日本語放送ホームページをご参照ください。

http://japanese.hcjb.org/


posted by k_iwasa at 08:24| Comment(2) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岩沙さん、こんにちは。
私も、HCJBに早速、被災者の方々に向けたメッセージを送らせていただきました。
あと、昨日、買い物に出掛けた際には義捐金を募っていましたので、私も募金させていただきました。
私一人が出来ることは、たかが知れていますが、少しでも被災者の方々の力になれば、と思います。

HCJBと言えば、昨日の放送では湘南ミーティングの模様が放送され、たいへん興味深く拝聴しました。
BCLラジオに関するご意見を皆さんが述べられていましたが、もし私が参加させていただいたとしたら、「昔のように一般のラジオにも短波受信機能を持ったものを発売してほしい。」と申し上げたと思います。
(昔の一般のラジオは、3.9MHz〜12MHzではあったものの、短波受信もできるものが多かった、と記憶しています。)
私自身は首都圏も行動範囲と考えていますので、湘南ミーティングへの参加を考えていましたが、今回は用事があり参加を見送りました。
次回は、何とか参加したいと思っています。
Posted by 戸田 at 2011年03月20日 09:23
戸田さん、ご無沙汰しております。
メッセージありがといございました。本当に、昔は、町の電気店に短波ラジオがあったのに、今回の震災でラジオが見直されていることは、皮肉なものですね。私の知り合いの東北地方のBCLの方々は、何とか無事でした。ただし、皆さん、大変苦労されているようです。
Posted by 岩沙 at 2011年03月20日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。