2012年06月22日

ラジオライフDX3本日発売

本日、三才ブックスから別冊「ラジオライフDX3」(1400円)が発売されました。今回のラジオライフDXは、無線関連だけでなく、BCL再入門記事など、いつもよりBCLページを割いて、その楽しみについて紹介しています。また、嬉しいことに26ページ(カラー刷りページ)で、当方のQSLカード紹介サイトをご紹介していただきました。三才ブックスさんありがとうございました。

RadioLifeDX3.jpg

BCLを再開しようとお考えの方々には、必見の冊子となっています。




posted by k_iwasa at 23:31| Comment(6) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岩沙さん、こんばんは。
横浜のHadzukiです。
私も先ほど、夜中でも営業している本屋さんで
会社帰りに見かけて、おもわず購入してしまいました。
今週末、のんびりと眺めてみたいと思います。
楽しみです。
Posted by Hadzuki at 2012年06月23日 01:09
Hadzukiさん、おはようございます。
どんな内容であれ、BCLを紹介した本が出るのは、嬉しいですいね。
Posted by 岩沙 at 2012年06月23日 05:30
こちらこそ、いつもありがとうございます。
ラジオライフDXはBCLの情報を提供して行きます
Posted by 関口岳彦 at 2012年06月23日 08:20
関口さん、一冊頂きましたが、昨日購入したものと2冊になりました。1冊は、保存版ですね。
Posted by 岩沙 at 2012年06月23日 20:44
岩沙さん、こんばんは。早速、地元の本屋で「ラジオライフ」を探しましたが残念ながらありませんでした、、、。
また、名古屋に出かけた折に捜してみます。
さて、さっき東京FMを聴いていたらミャンマーのアウンサン・スー・チーさんがイギリス訪問中にBBCを訪れて自宅軟禁中に情報を得ていたお礼を述べた旨、報道されていました。ラジオファンには何か、胸が熱くなるハナシで、思わず連絡した次第です。
では、また。
Posted by 高木 ともふみ at 2012年06月25日 20:24
高木さん、本は、アマゾンドックコムで買えますよ。私は、面倒な時は、アマゾンで購入するようにしています。

アウンサン・スー・チーさんの話題、結構有名な話ですね。やはり、アジアの国々向けには、回線の傍受を受けないラジオが有効なんでしょうね。先進国も短波を縮小するだけでなく、是非、短波放送の優位性を理解して継続してほしいですね。
Posted by 岩沙 at 2012年06月25日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。