2013年05月21日

KTWR日本語用テスト放送

KTWRの関係者より、今週後半に日本語用DRM試験放送を行うとの連絡がありました。2月のKTWR−DRM試験放送の際、日本からのレポートが一番多かったことが原因のようです。今回の試験放送に対して、受信レポートが多ければ、日本語放送再開なんてあるかもしれませんね。期待したいと思います。(日本語放送再開というわけではないようなので、悪しからず)希望を抱いて、是非、受信報告書を送ってみましょう。

以下、連絡メール

岩沙さん

こんばんは。春になって、最近さわやかな風がふいていますね。

さて、2月のKTWRのDRMテスト放送の連絡/連携本当に有り難うございました。

じつわ、2月の放送がインド向きなのに、日本からのレポートが一番多かったそうです。で、KTWRに頼まれて、日本語版のテスト放送用な番組を制作しました。

今回、日本へのテスト放送をすることになりました:
日付:5月24日、25日(今週の金、土)
時間:UTC1230~1300 (JTS 2130~2200になるでしょうか?)
周波数:15570kHz, 19m band

お忙しいと思いますが、今回も今週のDRMテスト日本語放送のこと岩沙さんのブロッグに書いて下さるでしょうか。又は、日本短波クラブの友人、又は他の興味がありそうな友人に知らせて下さるでしょうか?

どうぞう、宜しくお願いいたします!

セランダー

以上

(追記)
レポートの送り先は:
Trans World Radio
PO Box 8780
Agat, Guam 96928, USA

又はネットでも受け付けています:
http://www.twr.asia/online-qsl-form

勿論、日本語のレポートがOKです。(多分セランダーさんが、TWRの為にレポートを翻訳することになるでしょうとのこと。HPからのレポートも日本語は可能とのことですが、シンガポールが受付となっているため、ここは、英語の方が無難かもしれません。文字化けとして処理されてしまうかもしれないからです。)





posted by k_iwasa at 07:06| Comment(3) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも貴重な情報ありがとうございます。
今、発売中の学習研究社の「大人の科学」(電波時計特集号)に「電波新聞 電波ホビー60年」と題する記事を6頁にわたり掲載させていただきました。BCLのこと、山田先生、尾崎先生、昔のハムフェアの写真や、雑誌の表紙も載っています。
お知らせいたします。
Posted by 大橋太郎 at 2013年05月21日 08:29
大橋さん、情報ありがとうございました。
今週末は、HCJB50周年記念集会がありますが、来られますか?
Posted by 岩沙 at 2013年05月21日 21:01
へーえ!大人の科学、久しぶりに買ってみます。
結構、購入してますよ!
{50代は、リアルタイムで科学・学習を定期購読してたから、完全にターゲット?}
Posted by 高木 ともふみ at 2013年06月17日 19:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。