2013年12月21日

ロシアの声日本語放送重要発表

今日のお便りスパシーバの中で、重要発表として、日向寺チーフアナから2014年1月1日以降の短波放送継続のニュースが伝えられました。逆に中波による放送は、中止となるようです。先日までは、短波放送を1月1日以降中止する旨報道されており、残念だと思っていましたが、とりあえず1月1日から3月29日までは、短波5980kHzで継続されるとのことです。それ以降については、まだ分からないようですが、まずは、短波放送愛好家にとっては、うれしいニュースとなりました。アナウンサーの皆さんの話し方も少し浮き浮きしているように感じたのは、私だけでしょうか?

短波放送は、継続されましたが、中波放送が中止されるのも少しさびしいですね。私が、はじめて海外にレポートしたのが、当時のモスクワ放送の中波受信に対してでした。さびしい。




posted by k_iwasa at 22:45| Comment(8) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントさせていただきます。短波放送が継続されると岩沙さんのブログで知り、久しぶりにロシアの声を聞きました。アナウンサーがこれでソチオリンピックの情報を短波でお伝えできますと言っておりました。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 菅井 at 2013年12月23日 00:01
菅井さん、コメントありがとうございました。
まずは、短波放送継続よかったです。私の住む地域では、中波のVORも良く聞こえますが、フェージングで信号が極端に弱くなることもあり、安定して聞こえるのは、やはり短波放送です。
Posted by 岩沙 at 2013年12月23日 11:33
ぼくもこのブログで継続を知りました。最近きていなかったもので、、、。とりあえず良かったです!
Posted by 高木 ともふみ at 2013年12月26日 09:28
高木さん

本当に良かったです。リスナーからの要望は、送りつづけるべきですね。
Posted by 岩沙 at 2013年12月26日 21:01
岩沙さん、ご無沙汰しております。今年もよろしくお願い致します。あくまで、当面放送継続が決まってよかったですが、3月末以降、どの様になるかはまだ決まってない様で、少々不安が残ります。以前、短波のみの放送になった時期、リスナー数に影響が出た時期があったと思いますが、あくまでラジオでの受信にこだわった場合は、どちらかを選択するしかないなら、中波を残して頂いたほうがリスナーとしては残ると思います。但し、西日本ではエリアによって、周辺局との兼ね合いで受信状態が相当、厳しいエリアもある様ですが。いずれにしても、電波での放送が途切れないことを期待したいです。(心を入れ替えて、新年さっそくVORにはレポート送りました。)
Posted by hirokun at 2014年01月11日 11:38
hirokunさん、明けましておめでとうございます。私に取っては、中波より短波の方が状態が、良いので、短波が、残ったのは、うれしいですが、中波しか聞けない環境のリスナーにとっては、困った状況でしょうね。やはり、両方残して欲しいものです。
Posted by 岩沙 at 2014年01月11日 18:23
720KHZよく車中にて聴くのですが、大変残念です、不規則な勤務、就業時間の延長などでBCLを自宅で満足にできない状況です、貴重な中波放送だったのですが。
Posted by やまだ at 2014年01月24日 15:52
やまださん、コメントありがとうございました。以外と中波を車の中でチェックされる方が、多いようですね。やはり中波との併用が良いのでしょうね。
Posted by 岩沙 at 2014年01月24日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。