2014年05月11日

秩父丸山ハイキング

昨日は、秩父の丸山へm()mさん、藤本さんの3名でハイキングに行ってきました。

DSC_1485maruyama.jpg

芦ヶ久保駅8:38着で現地集合して、スタート。

DSC_1456maruyama.jpg DSC_1458maruyama.jpg DSC_1459maruyama.jpg

芦ヶ久保駅前の階段を下りて、国道299号線を右手(正丸峠方面)へ歩きます。1.8km程、アスファイルトの道を緩やかに車道に沿って歩いて行くと、左手に「熊さんにお願い」の標識が出てきます。この標識のある坂を上がって行くと直ぐ突き当たり(ここに大野峠行きの標識があります)、突き当たりを右手に進むと登山口になります。

DSC_1460maruyama.jpg DSC_1461maruyama.jpg DSC_1462maruyama.jpg

登山口直ぐ脇では、養蜂の作業を行っている農家の方がいました。また、そこには、菜の花が咲き乱れていました。山道に入ると、道脇には、いろいろな植物が新芽を出して、新緑の季節を感じさせてくれます。

DSC_1465maruyama.jpg DSC_1466maruyama.jpg DSC_1467maruyama.jpg

登山口から大野峠までの山道は、森の中を歩く、気持ちの良い山道で、最初は、緩やかな傾斜です。途中、小さな滝や沢もあり、目を楽しませてくれます。後半は、坂も急登に転じ、ひたすら上を目指して行くことになります。最後に傾斜が緩くなったなと思ったら、アスファルトの車道に出ます。ここが大野峠。関東ふれあいの道にもなっている場所になります。

DSC_1468maruyama.jpg DSC_1469maruyama.jpg DSC_1470maruyama.jpg

大野峠の休憩所で少し休憩を取った後は、この日一番の登りの20m程の木段を上がります。階段を上がると、そこは、ハングライダー発信場所の広場で、展望も素晴らしい場所になっています。

DSC_1479maruyama.jpg DSC_1482maruyama.jpg DSC_1483maruyama.jpg

更に先に進みますが、ここからは、緩やかなアップダウンを繰り返す尾根伝いの山道となっており、山道脇には、クサボケが綺麗なオレンジの花を付けていました。しばらく進むと直ぐに電波塔が立っており、その先直ぐが丸山頂上。丸山の頂上には、展望所があり、この展望所の上からは、300度開けた展望が楽しめます。

DSC_1488maruyama.jpg DSC_1489maruyama.jpg DSC_1499maruyama.jpg

DSC_1503maruyama.jpg DSC_1504maruyama.jpg DSC_1507maruyama.jpg

展望所の上に上がると、直ぐ目の前には、武甲山の雄姿が見え、その右側に目を転じると、両神山も見えました。後ろを振る向くと堂平山の天文観測所が良く見えました。

DSC_1509maruyama.jpg DSC_1510maruyama.jpg DSC_1511maruyama.jpg

山頂で、青空レストランのカップラーメンを食べた後は、横瀬方面に下り、本日2つ目の山(日向山)へ向かいました。丸山から少し下ると、県民の森分岐が現れますが、それまでの山道脇には、沢山のゼンマイが芽を出していました。また、その先の下りは、比較的広い山道になっており、ぐんぐん下って行くと、山道の右手に日向山方面への分岐が現れます。ここから分岐に入ると、景色は一変し、細い山道が続く森には、まっすぐな木が沢山立っているにも関わらず、地面近くには、あまり草も生えておらず、不思議な場所でした。

DSC_1512maruyama.jpg DSC_1513hinatayama.jpg DSC_1515hinatayama.jpg

しばらく下ると鳥居と祠が現れ、気が付くと、このあたりには、草も茂っている場所になっていました。更に下ると、車道に出ます。車道を標識に沿って下ると、右手に山に上がる山道が見えますが、ここには標識が無く、手前の看板には、しいたけ山との表示。少し迷いましたが、その分岐の少し先に木ノ子茶屋が見えたので、この山道を上がると日向山だと確信して登りました。少し上がったところで、いろいろな花と景色が迎えてくれ、また標識も出てきて、日向山に向かっての登りであることが確認できました。

DSC_1516hinatayama.jpg DSC_1519hinatayama.jpg DSC_1517hinatayama.JPG

山道には、ヤマツツジが沢山咲いており、武甲山の雄姿も大きく見えました。

DSC_1521hinatayama.jpg DSC_1522hinatayama.jpg DSC_1527hinatayama.jpg

更に進むと、最後の登りの木段が見えました。木段をあがると、少し広くなった日向山の頂上に到着。ここからも武甲山が目の前に見えました。日向山を後に、ひたすら横瀬の武甲の湯を目指し、下山。ここからが意外と長かった。最初、日向山からの下山ルートには、段の高い急な木段が続き、これでもかというほどの下りでした。この木段には、太股がパンパンになり、車道に一旦出ますが、札所6番峠方面の標識に沿って、再び山道へ。この山道の足場は悪く、ぐしょぐしょの道やゴロゴロした石のある山道をひたすら下りますが、なかなか下山できません。m()mさんもこのくだりには、参ってしまった様子。私は、高度計付きの時計を付けていたので、着実に下っている様子がわかり、高度300m近くなったところで、そろそろ車道に出るなと思ったら、マスの釣り堀と休憩所を兼ねた店の裏手に出ました。

DSC_1529yokoze.jpg DSC_1532yokoze.jpg DSC_1536yokoze.jpg

ここからは、車道を歩き、直ぐのところに札所6番があり、その後、札所7番も参って、武甲の湯へ到着。汗を流して、マッタリした時間を過ごしてから、帰宅の途に着きました。m()mさん、藤本さん、お疲れ様でした。

■コースタイム
芦ヶ久保[0847]〜[0911]赤谷〜[0916]登山口〜[1032]大野峠[1040]〜[1045]ハングライダー発進場所[1051]〜[1116]丸山(960m)(昼食)[1217]〜[1254]日向山分岐〜[1320]日向山登り口上展望[1332]〜[1340]日向山[1344]〜[1446]札所6番(ト雲寺)[1449]〜[1500]札所7番(法長寺)[1504]〜[1527]武甲温泉

今年の目標 17/20回目のハイキング

posted by k_iwasa at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。