2014年06月16日

那須高原ハイキング

先週末は、那須高原へハイキングに行って来ました。日曜日には、那須でHCJBリスナーの集いがあり、主催者の那須単身さんからお誘いがありましたので、ついでにと兼ねてから登りたかった茶臼岳と朝日岳へ登るため、前日の土曜日から行くことにしました。(下の写真は、茶臼岳から下り、峠の茶屋が見えたところで、手前から剣ヶ峰1799m、朝日岳1896mをバックに写しました。)

DSC_1806Nasu.jpg

土曜日は、朝6時前に車で三郷を出発、那須高原ロープウェイ乗り場に着いたのは、8:25。始発のロープウェイには、間に合わないものの、準備をして、8:40の2便目に乗って、山腹の駅まで上がり、ここからハイキング開始。

DSC_1769Nasu.jpg DSC_1770Nasu.jpg DSC_1767Nasu.jpg

DSC_1771nasu.jpg DSC_1773Nasu.jpg DSC_1774Nasu.jpg

天気は、生憎の天気で、ロープウェイ乗り場あたりは、雲もないものの、山頂付近は、雲の中でした。ロープウェイ乗り場から最初は、歩きやすい道が続きます。上の写真の道の先、折り返しあたりから勾配もきつくなり、山頂手前の登りは、ガレ場が続き、浮石に気を付けながらの登りです。登山道には、岩や石に黄色のマークがペイントされていますので、これを外れず登れば、安心して登れます。

DSC_1787Nasu.jpg DSC_1788Nasu.jpg DSC_1790Nasu.jpg

山頂まじかには、鳥居があり、右手には、火口があるはずですが、登りの時点では、火口も雲の中で、薄っすら見える状況でした。鳥居から少し先に進むと直ぐに茶臼岳山頂。山頂には、祠と山頂を示す標識が立っていました。山頂の標識横につけられた温度計を見ると温度は8度。寒い訳です。

DSC_1792Nasu.jpg DSC_1799Nasu.jpg DSC_1808Nasu.jpg

茶臼岳頂上でしばらく記念撮影を楽しんだ後は、朝日岳へ出発。一旦元来た道を戻って、分岐まで来ると、火口の霧も晴れて、輪郭を見ることができました。思ったよりは、小さな火口で、底も直ぐの深さでした。火口を巻くように、朝日岳方目に向かう下りが続きますが、峠の茶屋が見える手前の休憩場所で茶臼岳を見直すと、山腹から煙りが出ており、活火山であることを改めて感じさせてくれました。

DSC_1800Nasu.jpg DSC_1794Nasu.jpg DSC_1798Nasu.jpg

峠の茶屋方面(避難小屋)に目を向け、その後ろの剣ヶ峰、朝日岳を見ると、これから登る朝日岳の頂上付近には、雲が強風に流され、常にかかっている状況。天気も悪そうでした。しばらく、景色に酔いしれて見ていると、一瞬、朝日岳頂上の雲が流され、晴れた瞬間撮らえたのが、冒頭の写真です。

DSC_1820Nasu.jpg DSC_1822Nasu.jpg DSC_1855Nasu.jpg

峠の茶屋について見ると、沢山のハイカーが集まっていました。ここは、風がきつく、身体が持って行かれそうなぐらいでした。

DSC_1824Nasu.jpg DSC_1826Nasu.jpg DSC_1829Nasu.jpg

DSC_1834Nasu.jpg DSC_1835Nasu.jpg DSC_1837Nasu.jpg

DSC_1841Nasu.jpg DSC_1842Nasu.jpg DSC_1839Nasu.jpg

休憩後は、剣ヶ峰の横につけられた山道を進み朝日岳へ向かいました。剣ヶ峰の側面の山道は、山が風除けになっているようで、高山植物が茂って、小さな花も咲いていました。剣ヶ峰を過ぎると、朝日岳の裏(風の吹き付け側)に回り込むように登って行きますが、そこは、鎖場となっており、風に飛ばされないように登ります。

DSC_1846Nasu.jpg DSC_1844Nasu.jpg DSC_1847Nasu.jpg

途中休憩場所に着く手前で、雨が降って来たので、レインウェアを着て再び出発。その後の登りは、直ぐで朝日岳頂上到着。生憎の雨で何も見えないので、記念撮影後は、早々に下山しました。峠の茶屋まで引き返す道では、雨が降ったり、止んだりの繰り返し、雨雲の流れの中にいると意識しながらの下山でした。

DSC_1848Nasu.jpg DSC_1853Nasu.jpg DSC_1858Nasu.jpg

峠の茶屋まで戻ると雨も止んでいたため、小屋を背にして、風をよけ、昼食タイム。 昼食中でも沢山のハイカーが峠の茶屋を中継点として行き交っていました。

DSC_1861Nasu.jpg DSC_1860Nasu.jpg DSC_1866Nasu.jpg

DSC_1872Nasu.jpg DSC_1873Nasu.jpg DSC_1875Nasu.jpg

昼食後、ロープウェイ乗り場に向かって下山しましたが、その頃には、朝日岳頂上付近の雲も晴れていました。下山ルートは、比較的なだらかで森林限界点を境に、緑の中を下山しました。登山口手前には、山の神を祭った祠があり、最後に拝んで帰りました。

DSC_1876Nasu.jpg DSC_1881Nasu.jpg DSC_1886Nasu.jpg

下山後は、車で少し下った所にある鹿の湯温泉で汗を流して、早い夕飯にイタリアンで済ませ、再度、ロプウェイ乗り場少し手前の空いていないドライブインの広い駐車場でテーブルとアンテナを張って、野外DXペディションを楽しみました。ノイズは低く、中南米局も良好に受信できました。20:00から15400kHzのHCJB日本語放送をチェック(SINPO=55544)。このころには、寒さで震えあがる始末。広い駐車場脇にある店には明かりも無く、その前にある自動販売機1台の光だけで、それ以外は、闇の中。暗い中、アンテナなどを撤収し、その場所で車中泊。21時半には、就寝しましたが、それからが寒くて2時間おきに寒さで目が覚める始末。結局翌朝4時までに4回も寝を起きを繰り返しました。翌朝は、4時半から再びアンテナを張って、受信。丁度、6055kHzのRadio Rwandaでサッカーワールドカップの中継を行っていました。

DSC_1914Nasu.jpg DSC_1916Nasu.jpg DSC_1919Nasu.jpg

DSC_1922Nasu.jpg DSC_1925Nasu.jpg DSC_1928Nasu.jpg

日曜日は、早朝のDXペディション終了後、朝食を食べた後、軽い観光をしました。恋人の整地から昨日登った山を眺めたところ、晴れ渡って、昨日の天気を悔やむばかりでした。そのほか、鹿の湯の前にある殺生石を見て、今回那須への旅行の第2の目的であるHCJBリスナーの集いin Nasuに参加してきました。

■コースタイム
ロープウェイ乗り場[0840]==山頂駅[0900]〜[0905]牛首山頂分岐〜[0944]茶臼岳山頂(1915m)[0953]〜[1024]峠の茶屋[1030]〜[1117]朝日岳(1896m)[1130]〜[1207]峠の茶屋[1230]〜[1310]登山口〜[1322]ロープウェイ乗り場

今年の目標 21/20回目のハイキング
posted by k_iwasa at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。