2016年07月31日

入笠山ハイキング

昨日は、入笠山ハイキングへ行ってきました。ムーライト信州に乗って、金曜日の夜出発、富士見駅に3:25頃到着。駅舎のベンチで、朝まで過ごし、6時半頃駅前にタクシーが来たので、それに乗って、入笠山まで行きました。タクシー代は、駅から1400円程でした。

DSC_0526nyuukasa.JPG DSC_0527nyuukasa.JPG DSC_0528nyuukasa.JPG

入笠山に到着してみると、この日は、マウンテンバイクの大会が開催されるらしく、麓のゴンドラ乗り場周辺は、沢山のバイカーで賑わっていました。

DSC_0532nyuukasa.JPG DSC_0621nyuukasa.JPG DSC_0619nyuukasa.JPG

ゴンドラリフトに乗って、上がると、途中、下には、山間の縫って走るマウンテンバイクのコースが見えました。ゴンドラリフトの山頂駅に到着すると、ここからも素晴らしい展望でした。

DSC_0546nyuukasa.JPG DSC_0614nyuukasa.JPG DSC_0570nyuukasa.JPG

ゴンドラリフトの降り場建物のすぐ横に入笠山登山口があります。登山口に入るとすぐに高山植物の花が咲き乱れており、流石、花の山と呼ばれる入笠山と思いました。しばらくすると下りになり、一旦は、入笠湿原までは、下りが続きます。入笠湿原までは、ゴンドラリフトから20分ほど、そこからは、登りになり、途中、お花畑の斜面もあり、花花華。

DSC_0596nyuukasa.JPG DSC_0594nyuukasa.JPG DSC_0579nyuukasa.JPG

入笠湿原から40分ほどで、入笠山山頂1955mになります。山頂直下が10分ほど、少し急登がありますが、全体的に歩きやすく、気持ちの良い山散歩ができます。この日は、曇りでしたが、山頂からは、八ヶ岳の山々や北アルプス、中央アルプスの山々も見え、まずまずの展望でした。歩く時間は、山頂まで1時間ほど、帰りも1時間弱の山歩きですが、今回は、花の写真撮影が主体で、じっくり時間をかけて、散策してみました。

DSC_0625nyuukasa.JPG DSC_0629nyuukasa.JPG

下山してみると、麓では、レース真っ盛り、子供のレース中でしたが、隣の斜面では、試走する大人のライダーが斜面を駆け下りていました。帰りには、入笠山入口から12分ほど下ったところにある水神の湯に浸かり、定番のマイタケ天ざるそばを食べて、帰宅の途につきました。この日も充実した一日でした。

【入笠山の高山植物】
DSC_0551nyuukasa.JPG DSC_0543nyuukasa.JPG

DSC_0541nyuukasa.JPG DSC_0548nyuukasa.JPG DSC_0538nyuukasa.JPG

DSC_0544nyuukasa.JPG DSC_0537nyuukasa.JPG DSC_0547nyuukasa.JPG

DSC_0536nyuukasa.JPG DSC_0540nyuukasa.JPG DSC_0539nyuukasa.JPG

DSC_0561nyuukasa.JPG DSC_0560nyuukasa.JPG DSC_0556nyuukasa.JPG

DSC_0562nyuukasa.JPG DSC_0564nyuukasa.JPG DSC_0559nyuukasa.JPG

DSC_0554nyuukasa.JPG DSC_0549nyuukasa.JPG DSC_0558nyuukasa.JPG

DSC_0611nyuukasa.JPG DSC_0567nyuukasa.JPG DSC_0576nyuukasa.JPG

DSC_0568nyuukasa.JPG DSC_0566nyuukasa.JPG DSC_0601nyuukasa.JPG

※今年25回目のハイキングでした。
※コースタイムは、ヤマレコに掲載しましたので、ご参照ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-927229.html










posted by k_iwasa at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440603918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック