2013年08月23日

ロシアの声、今年いっぱいで短波放送を中止??

ロシアの声の短波放送は来年1月1日を以って廃止されるという情報がいろいろなサイトで紹介されています。廃止後は、低出力中波送信機を使った海外向け放送は、継続されるようですが、地域によっては、中波の受信状態が悪く、全く受信出来ないところもあるようなので、短波放送の廃止は、BCLファンにとっては、嘆かわしい限りです。

政府や局の上層部は、お金のかかる短波放送は、やめても、今の時代インターネット放送があれば、十分との判断だろうが、短波ファンにとっては、インターネット放送になった時点で放送局から離れて行くのでしょうね。私は、少なくともその1人です。

今回の情報が、決定事項の情報でないことを祈るばかりです。




posted by k_iwasa at 08:09| Comment(6) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

RTI台湾国際放送局玉山クラブリスナーの集い

台湾国際放送局玉山クラブ主催のリスナーの集いが関東では7月15日に開催されるようです。
 
●東京玉山クラブ主催 「第33回台湾国際放送リスナーの集い」
 
開催日 : 2013年7月15日(月・海の日で休日)
時 間 : 午後1時より4時
会 場 : 正則学園高等学校 講堂 (東京都千代田区神田錦町3-1)
アクセス: JR神田駅より徒歩10分
参加費 : 一千円(学生は無料)
 
※なお、リスナーの集い終了後、懇親会を予定しております。
時 間 : 午後6時より8時
場 所 : 学士会館内 中華料理レストラン
(東京都千代田区神田錦町3丁目28)
アクセス:地下鉄都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線
「神保町」駅下車A9出口徒歩1分、
東京メトロ東西線「竹橋」駅下車3a出口から徒歩5分
会 費 : 五千円
 
お問い合わせ先等は、RTI のホームページをご参照下さい。


 
posted by k_iwasa at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

KTWR日本語DRM試験放送再び

KTWR関係者のセランダーさんから下記の通り、再び日本語DRM試験放送が今週末行われるとの情報が来ました。放送時間および周波数は、前回と同じようです。

放送日時:7/5(金)、7/6(土)21:30−22:00JST
周波数: 12040kHz

受信報告書の送り先:
Trans World Radio
PO Box 8780 Agat,
Guam 96928, USA、

又はネットで

www.twr.asia/online-qsl-form

になります。

今回の目的は、低出力での試験のようです。



(以下、セランダー氏からの連絡メール)

岩沙さん

こんばんは!

KTWRが今週の金、土、またテスト放送をするそうです。時間帯と周波数
が前の時と同じで、今回の目的が低いパワーの送信の受信状況だそうです。

向こうに頼まれて、新しい内容の番組を今日作りました。突然の願い
だったので、私も江橋さんも準備の時間があまりなかったので、面白い
かどうか約束は出来ないけど、前の番組の再放送よりいいかな… (笑)

又BLOGを通して、皆さんに連絡とって下さるでしょうか?

有り難うございます!

セランダー

以上


posted by k_iwasa at 07:05| Comment(4) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

KTWR日本語放送再開の可能性

KTWR日本語放送の復活の可能性について、局内で話題が上がっているようです。どうなるかは分からないでしょうが、今回インド向け英語DRM試験放送に対して、日本からのレポートが多かったため、この日本語DRM試験放送が行われたわけで、今後、英語放送への受信報告を出して日本語放送復活を希望するのも良いかもしれません。

日本のリスナーは、ラジオでKTWRを聴いているぞと意思を示すのが、日本語放送再開への近道ですね。
posted by k_iwasa at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

KTWR日本語放送DRM再試験放送

KTWR関係者のセランダーさんより、下記の通り再びDRM日本語放送の試験放送を実施するとの連絡がありました。試験放送の情報は、下記の通りです。是非、受信場報告書の送付をお願いします。

(以下、情報メール)*******************

岩沙さん

いつもお世話になっています。

急な話ですが、やはりKTWRがもう一度テスト放送をするよていです。

残念ながら、時間はなかったので、新しい番組を作りませんでした。先日の番組と同じになります。

でも、またブロッグや日本短波クラブに情報をいれたら、ありがたいのです。今回は「12040 kHz at 1230-1300 UTC」だそうです。レポートの宛先が

Trans World Radio
PO Box 8780 Agat,
Guam 96928, USA、

又はネットで

www.twr.asia/online-qsl-form

になります。

宜しくお願いします。

セランダー

(以上)****************************

昨日遅くに帰宅した際、とりあえず投稿しておきましたが、肝心な放送日の情報が無いですね。確認しておきます。

(2013/06/12追記)
赤林氏の月刊短波の情報によると放送は、14日(金)と15日(土)の21:30-22:00JST 12040kHzで放送されるようです。






posted by k_iwasa at 01:58| Comment(2) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

HCJB日本語放送50周年記念集会報告

少し投稿が遅れましたが、先週日曜日5月26日14:30から淀橋教会地下の集会部屋にて開催されたHCJB日本語放送「アンデスの声」50周年記念集会に参加してきました。

CIMG2588.JPG CIMG2594.JPG CIMG2598.JPG

開会30分前には、1976年フジテレビ制作「エクアドルにアンデスの声を見た」ビデオが流され、尾崎一家のエクアドル時代の映像を紹介するとともに、アンデスの声の軌跡について、観賞することができました。

ビデオ鑑賞会終了後、いよいよ、記念集会の開始。記念集会は、「記念会」と「お祝い会」の2部構成で行われ、司会進行は、尾崎さんの神学校時代からの親友でもある溝口捷支氏が担当。

1部の記念会では、淀橋教会アンサンブル・アガペーによる演奏で、「主の真実は、Great Is Thy Faithfulness」「慈しみ深き」が披露され、続いて、久里浜福音教会名誉牧師で長年アンデスの声を支えられてきた深澤健一氏による祈祷が行われました。このあたりは、キリスト教放送局ならではの光景でした。

CIMG2606.JPG CIMG2604.JPG

続いて、番組でもおなじみの峯野龍弘牧師によるビデオ挨拶、尾崎先生によるHCJB日本語放送半世紀の歩みと題して、アンデスの声スタート当初の出来事などを含め説明が続き、記念会の最後には、番組の中でも美しく癒してくれる歌声で人気のベドウ路得子さんによる特別賛美が行われました。

今回はじめて、生でベドウ路得子さんの歌声を聴きましたが、その澄みとおった声には、うっとりさせられました。

2部の「お祝いの会」の最初は、アンデスの声を50年間支えてこられた関係者の方々による祝辞・挨拶、琴古流尺八演奏やHCJB番組にも出演されたことのある人形漫談師花島二郎氏による腹話術が披露され、会の雰囲気をなごませてくれました。2部、の最後には、Hosoyaさんと私が司会を任され、リスナーの祝辞を代読した後、リスナーへの突撃インタビューを通じて、尾崎先生に、いろいろな質問をさせて頂きました。

記念集会の最後に尾崎先生による挨拶が行われ、これからも放送を続けていくと語られ、新川代利子先生の祈祷で終了。楽しい会でした。

CIMG2605.JPG




posted by k_iwasa at 07:45| Comment(2) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

5/26(日)HCJB日本語放送50周年記念集会

今週末5/26(日)は、15:00から東京都新宿区にある淀橋教会にて、HCJB日本語放送50周年記念集会が開催されます。HCJBホームページにて、その内容を下記の通り案内しています。尚、14:30からフジテレビ制作の「エクアドルにアンデスの声を見た」を上映するとのこと。今回は、会のお手伝いもすることになりました。皆様、是非ご参加ください。

⚫日時:2013年5月26日(日)15:00 ※14:30からTV上映会実施
⚫場所:新宿淀橋教会(〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8)
⚫お問合わせ:03-3368-9165
⚫参加申込:不要。教会は、どなたでも歓迎します。
http://www.yodobashi-church.com/

(追加のご案内)

1.当日は,淀橋教会アンサンブル・アガペー,ベドウ路得子(福音歌手),飯田廣(古琴流尺八), 花島二郎(人形漫談)の皆さんに,特別出演していただく予定です。
2開会前の14時30分からフジテレビ制作の「エクアドルにアンデスの声を見た」(1976年)を 上映しますので,早めにお出かけください。
3.リスナーとの交歓コーナーでは,「自慢のHCJBグッズ」「BCLお宝拝見」「そこが知りたい 突撃インタビュー」などのプログラムを予定していますので,ご出席のリスナーの皆さんは 想い出の品々をご持参のうえ,お互いに披露し合うことが出来れば有難いです。
4.会場では,皆さんにメッセージペーパーを配りますので,HCJB日本語放送に対するご感想, ご意見などを自由にお書きください。
5.出席できないリスナーの方で,メッセージをお寄せくださる場合は,郵便の場合はHCJB 日本事務所宛に,電子メールの場合は「リスナーとの交歓コーナー」で共同司会を務める 二人,岩沙一彦さん又は細谷正夫さんのアドレス宛にお送り願います。
(郵便) 169-0073
東京都新宿区百人町1-17-8
淀橋教会内 HCJB日本事務所
(電子メール)
岩沙 : hcjbglobal(アットマーク)yahoo.co.jp
細谷 : swl_information(アットマーク)yahoo.co.jp


posted by k_iwasa at 07:55| Comment(1) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

KTWR日本語用テスト放送

KTWRの関係者より、今週後半に日本語用DRM試験放送を行うとの連絡がありました。2月のKTWR−DRM試験放送の際、日本からのレポートが一番多かったことが原因のようです。今回の試験放送に対して、受信レポートが多ければ、日本語放送再開なんてあるかもしれませんね。期待したいと思います。(日本語放送再開というわけではないようなので、悪しからず)希望を抱いて、是非、受信報告書を送ってみましょう。

以下、連絡メール

岩沙さん

こんばんは。春になって、最近さわやかな風がふいていますね。

さて、2月のKTWRのDRMテスト放送の連絡/連携本当に有り難うございました。

じつわ、2月の放送がインド向きなのに、日本からのレポートが一番多かったそうです。で、KTWRに頼まれて、日本語版のテスト放送用な番組を制作しました。

今回、日本へのテスト放送をすることになりました:
日付:5月24日、25日(今週の金、土)
時間:UTC1230~1300 (JTS 2130~2200になるでしょうか?)
周波数:15570kHz, 19m band

お忙しいと思いますが、今回も今週のDRMテスト日本語放送のこと岩沙さんのブロッグに書いて下さるでしょうか。又は、日本短波クラブの友人、又は他の興味がありそうな友人に知らせて下さるでしょうか?

どうぞう、宜しくお願いいたします!

セランダー

以上

(追記)
レポートの送り先は:
Trans World Radio
PO Box 8780
Agat, Guam 96928, USA

又はネットでも受け付けています:
http://www.twr.asia/online-qsl-form

勿論、日本語のレポートがOKです。(多分セランダーさんが、TWRの為にレポートを翻訳することになるでしょうとのこと。HPからのレポートも日本語は可能とのことですが、シンガポールが受付となっているため、ここは、英語の方が無難かもしれません。文字化けとして処理されてしまうかもしれないからです。)



posted by k_iwasa at 07:06| Comment(3) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

KBS WORLD Radioサイトハッキング

韓国の地上波テレビ局と、大手銀行、農協などが、特定のサーバから悪性ウィルスをばらまかれ、ハッキングを受けているとのニュースが出ていたので、KBS WORLD Radio日本語ホームページにアクセスしてみたところ、ページにアクセスできない状態になっている。

韓国では、銀行のATMのネットワークが止まるなど被害が出ているようです。サーバー攻撃なのでしょう。韓国の敵国となると北朝鮮になりますが、やはり北朝鮮からのサイバーテロなのでしょうか?

市民生活まで麻痺させるとは、困ったものです。


posted by k_iwasa at 22:29| Comment(3) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

VOR日本語課のレーヴィン元課長逝去

ロシアの声日本語放送のホームページにて、長年ロシアの声(モスクワ放送)日本語課を率いてきたレーヴィン元課長が逝去されたことを掲載しています。詳しくは、ロシアの声ホームページをご参照ください。

http://japanese.ruvr.ru/2013_03_06/107154775/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter


posted by k_iwasa at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

KTWRがDRM放送を再開??

当ホームページに、KTWRの短波放送に関係したセランダーさんという方から下記情報が寄せられました。私自身は、知らない方ですので、その情報の真偽は、定かではありませんが、是非、確認しては、いかがでしょうか?情報では、3月5日と3月6日に(両日0912UTCから)15240KHzでDRM放送が行われるとのことです。

(以下、提供情報)
KTWR will have another DRM test on March 5th and 6th at 0912-0942UTC on 15240KHz. The main beam will be at 290 degrees, so this will be tough for ANZ. People in the northern part of Southeast Asia should get a booming signal. Eastern India should also pick it up. One good sidelobe will reach China and into EU. The other forward sidelobe should be good for JP/Korea/Siberia. We will run ½ power, 75KW, again. We will probably use Mode B, 16 QAM, 14Kbps. This won’t sound like concert hall quality, but we are trying for path reliability with the 16 QAM setting.

生憎、平日の18:12では、会社勤めでは確認できません。


posted by k_iwasa at 20:45| Comment(3) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

東京FM特別ベリカード発行

日本短波クラブ会員ネット(会員)からの情報では、東京FMが、東京タワーの新送信アンテナからの放送開始を記念して、2/11-2/24までの受信報告書(受付2月末まで)に対して、特別記念ベリカードを発行するとのこと。受信報告書は、50円切手を同封し、下記まで送付のこと。尚、東京FMのホームページからは、専用受信報告書がダウンロードできます。

(受信報告書の送り先)

〒102-8080 東京都千代田区麹町1−7 TOKYO FM 受信報告書係

http://www.tfm.co.jp/specialweek/201302/tower/index.html

この期間限定のベリカードを取得してみては、如何でしょうか。


posted by k_iwasa at 00:33| Comment(7) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

ロシアの声年末年始の番組スケジュール

ロシアの声の日向寺アナウンサーから、2012-2013年年末年始の番組スケジュールを頂きましたので、取り急ぎご紹介します。また、一緒にロシアの木の葉が凍った綺麗な画像も頂きましたので、合わせて、紹介します。

VOR01.jpg

年末年始の番組スケジュールは、下記ご参照。
VOR2012-2013Program2.pdf

ロシアの声は、インターネットでも番組を聴くことができます。
http://japanese.ruvr.ru/

今年の年末年始は、ゆっくり番組を聴いて、BCLを楽しみましょう。

(2012/12/28更新)
年末年始番組スケジュールを一部更新しました。




posted by k_iwasa at 07:25| Comment(3) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

IRIBラジオ日本語の周波数変更

今朝のIRIBイランイスラム共和国ラジオ日本語の番組の中で、12月9日(日)朝の番組から下記周波数変更を行うお知らせがありました。IRIBのホームページでも掲載しています。

@日本時間 22:30〜23:30

周波数 9585KHz(31mb) 9665KHz(31mb)

A生放送の翌日、日本時間 06:00〜07:00【再】

周波数 5990KHz(49mb) 7395KHz(41mb)

P.S.
現在、IRIB国際放送名誉証書2級を目指して、10月から受信報告を送り続けています。現在、10枚のベリカード取得後、45通目の受信報告完了。このまま行くと、目指せ「IRIB国際放送名誉証書1級」かな?



posted by k_iwasa at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

海外日本語放送B12スケジュール

海外日本語放送のB12スケジュール(冬季スケジュール)を更新しました。まだ、各局ホームページや局からのメール案内を参考にした更新となっていますが、今後、チェックして更に更新して行きたいと思います。

http://www.geocities.jp/ka_iwasa/BCLjapanese.htm


posted by k_iwasa at 06:59| Comment(2) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

日本短波クラブ特別放送

今週末に下記の通り、モンゴルの声とラジオ・ジャパンが、日本短波クラブ(JSWC)創立60周年記念について、関連番組を放送するとの情報が日本短波クラブ通信で連絡がありました。詳しいスケジュールは、下記の通りです。

モンゴルの声日本語放送
9月30日1800−1830JST 12085kHz
9月30日2400−2430JST 12015kHz

ラジオ・ジャパン(NHKラジオ第二)
9月30日(日曜) 1410−1430JST
10月6日(土曜) 1410−1430JST(再放送)

以上です。




posted by k_iwasa at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

VOR JSWC60周年記念特別番組第二段

ロシアの声東京特派員いちのへ友里アナウンサーから、本日18日の21時20分頃からJSWC60周年記念特別番組第二段がオンエアされる旨、連絡がありました。この番組では、先日のハムフェア2012でインタビューを受けたものが放送されるようです。

ロシアの声日本語放送
21:00-23:00 720kHz,7235kHz,7340kHz

インターネット放送
http://japanese.ruvr.ru/



posted by k_iwasa at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

IRIB 日本短波クラブ創立60周年に寄せて

IRIBアナウンサーの山口さんから「日本短波クラブ創立60周年に寄せて」の特別番組を、2回に分けて放送することになったと連絡を受けました。第1回目は6日(木)、第2回目は8日(土)。第2回目では、私自身、電話インタビューを受けましたので、その音声が流れるようです。

IRIBの放送時間および周波数:

22:30-23:30 13630kHz、15555kHz
(再放送翌日)
06:00-07:00 11765kHz、13710kHz

番組は、インターネットでも聴くことができます。

http://japanese.irib.ir/

上記ホームページの「過去1週間の放送」メニューから聴くことができます。


posted by k_iwasa at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシアの声 ハムフェアレポート番組

ロシアの声 いちのへ友里東京特派員から先日東京ビックサイトで開催されたハムフェア2012で録音したインタビューを2回に分けた番組で作成したと連絡を受けました。

第一弾は、ハムフェアのレポートで、5日か6日に放送予定とのこと。※本日帰宅後、放送を聴いていますが、22:00からの番組で放送されるようです。

第二弾はまだ放送日未定ですが、「ハムってなあに?」という番組らしいです。ここでは、私自身もインタビューを受けましたので、それが流れるようです。楽しみです。
また、第二弾では、JSWC60周年記念パーティで録音した音声も流していただけるとのことです。

放送時間および周波数:

21:00-23:00 720kHz、7235kHz、7340kHz

番組は、インターネットでも聴くことができます。

http://japanese.ruvr.ru/

上記ホームページの「日本語放送アーカイブ」から聴くことができます。


posted by k_iwasa at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

HCJB 故・山田耕嗣さんを懐かしむお便り募集

今日のHCJB GLOBAL日本語放送は、月に1度のお便り交換番組でした。番組終了後、来月のお便り募集に関して、尾崎さんから「BCLの生みの親 山田耕嗣さんが亡くなられて、早くも4年が経ちました。皆さまの中で生前の山田耕嗣さんにお会いした時の思い出やまたエピソードなどありましたら、お便りに書いてお寄せ下さい。来月のお便り交換の番組で紹介させて頂きます。」と募集のアナウンスがありました。

故・山田耕嗣さんとの思い出など、送ってみては如何でしょうか。

HCJBへのお便りの宛先:

〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8 淀橋教会 HCJB係


posted by k_iwasa at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。