2012年07月10日

JSWC創立60周年記念特別番組

今年2012年は、日本短波クラブ(JSWC)創立60周年です。そのため、同クラブから海外日本語放送局に働きかけたところ、各局から特別番組や番組の中で60周年記念を祝う内容の放送を行うことになったようです。また、その番組に対して日本短波クラブに受信報告書を送ると、クラブ発行のベリカードも送られるとのこと。既に日程が決まった放送について、下記に掲示します。

●HCJB日本語放送
 7月14日から4週連続で毎週土曜日のサタデートークで紹介
  関係者へのインタビューなどを放送する予定。※インタビュアは、私が務めます。
  http://japanese.hcjb.org/

● KBS日本語放送
 7月17日(火) 『玄海灘に立つ虹』 番組枠内で
 日本短波クラブが創立60周年を迎えたことを紹介
  http://world.kbs.co.kr/japanese/

● 中国国際放送(CRI)日本語放送
 8月29日(水) 『中日交流カフェ』番組枠内
 同局日本語部長の祝賀メッセージを放送
  http://japanese.cri.cn/

また、これ以外にIRIB、ベトナムの声、ロシアの声なども放送を予定しています。

日本短波クラブへの受信報告は、下記まで。

電子メールで受信報告をお送りいただく場合のアドレスは、

jswcqsl@live.jp

です。この場合は、記念の特別電子ベリカードが送られます。

又、郵便で受信報告をお送りいだたく場合の宛先は、

郵便番号 248−8691
日本郵便鎌倉支店 私書箱44号
日本短波クラブ QSL係

です。日本国内から郵便でお送る場合は、90円切手を貼った返信用封筒を同封する必要があります。海外から郵便でお送る場合は、国際返信切手券(IRC)1枚、あるいはアメリカの1ドル紙幣2枚を同封する必要があります。その場合は、紙に印刷された記念の特別ベリカードがお送られます。

<2012/07/11 22:50追記>
日本短波クラブ創立60周年記念番組にJSWCから発行される電子ベリカードができました。サンプルを掲載します。

JSWC60-HCJB-Sample.jpg




posted by k_iwasa at 07:08| Comment(6) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

ラジオライフDX3本日発売

本日、三才ブックスから別冊「ラジオライフDX3」(1400円)が発売されました。今回のラジオライフDXは、無線関連だけでなく、BCL再入門記事など、いつもよりBCLページを割いて、その楽しみについて紹介しています。また、嬉しいことに26ページ(カラー刷りページ)で、当方のQSLカード紹介サイトをご紹介していただきました。三才ブックスさんありがとうございました。

RadioLifeDX3.jpg

BCLを再開しようとお考えの方々には、必見の冊子となっています。


posted by k_iwasa at 23:31| Comment(6) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

BVB周波数変更について

Bible Voice Broadcasting(BVB)「希望の灯」番組担当の我孫子バプテスト教会から下記の通り、周波数変更の連絡がありました。

(我孫子バプテスト教会からの案内)
希望の灯の短波周波数が、放送局の都合により
2012年6月10日(日)より
15,270 kHz
に急きょ変更になります。

以上の通りです。ただし、BVBからの情報は、時折、誤りの場合もあるため、当日確認する必要があります。まずは、ご案内までに。


posted by k_iwasa at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

BCLラジオカタログ

今日昼休みに、何気なく本屋をのぞいてみるとBCLラジオカタログが数冊並んでいました。以前出版されたものの再印刷版かなとページをめくってみると、どうやら新刊のようでしたので、1冊購入してきました。以前発売されたBCLラジオカタログは、松下電器とソニー製BCLレトロラジオの対決版のような一冊でしたが、今回のラジオカタログには、松下電器やソニー製ラジオだけでなく、当時のビンテージ機や通信型ラジオで人気であった八重洲のFRG7700まで、懐かしのラジオ満載のカタログ集でした。保存版として、必見の一冊です。価格は、2,200円。A4版サイズ128頁(内112頁カラー)三才ブックス社出版です。

BCLRadioCatalog2.jpg


posted by k_iwasa at 21:00| Comment(6) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

HCJB嬉しいニュース

今日のHCJB日本語放送の番組の終わりに嬉しいニュースがありました。時々、サタデートークにも出演し人気者の尾崎さんのお孫さん(クリスティーン)が、5月にアリゾナ大学を卒業し、8月には、結婚するとのことです。来週のサタデートークには、クリスティーンも出演するようです。毎週かかさず、インターネット放送用の番組ファイルをクリスティーンが送ってくれますので、6月のシカゴ出発後は、さびしくなります。

番組の中では、話されませんでしたが、結婚式は、8月11日。尾崎さんは、この結婚式に出席したあと、1週間後に日本に帰国されるとのことです。今年は、2ヶ月間の日本滞在予定で、10月20日には、アリゾナに帰国するとのことで、例年参加されてる8月のハムフェアにも参加するとのことでした。


posted by k_iwasa at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

こち亀にBCLの話題掲載

短波放送メーリングリストのhiroさんの情報で、週刊少年ジャンプ(24号)の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の漫画の中で、BCLをテーマにした話題が掲載されているという情報があり、早速、本屋で少年ジャンプを買ってきました。少年ジャンプ自体購入するのは、何十年振りだろうか?駅の売店では、既に置いておらず、駅前のららぽーとにある本屋で見つけ購入してきました。流石に50になるサラリーマンが少年ジャンプとは、恥ずかしかったですが、興味があるので買うことにしました。

漫画の冒頭、スカイセンサー5900とクーガー2200の絵が描かれており、思わず手持ちのクーガーと見比べて、細部をチェック。流石に少し違うところがありましたが、まずまずの絵でした。話題は、部長の壊れた短波ラジオを孫にプレゼントするため、両さんに修理を任せるという話題ですが、内容の中で、BCLの趣味の紹介、ベリカードやBCLブームなどの話題にふれ、BCLを簡単に紹介してくれていました。もちろん、両さんが繰り広げるドタバタを交えて。

少年たちが読むこのような冊子で、BCLの話題を取り上げてくれるとは、作者の秋本先生もBCL小僧だったのでしょうね。

大きな本屋では、まだ置いていると思いますので、必見です。




posted by k_iwasa at 22:07| Comment(8) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

ロシアの声日本語放送70周年記念パーティー

今日は、ロシアの声日本語放送70周年記念パーティーに参加してきました。場所は、渋谷東武ホテル。会場には、往年のアナウンサーOB・OG、リスナー、ロシア友好団体の方々など100名近い参加者が集まりました。司会は、ロシアの声東京特派員のいちのへ友里アナウンサーが務め、モスクワから駆け付けたリュドミラ・サーキャン記者の挨拶で始まりました。

CIMG1678.JPG CIMG1690.JPG

いちのへ友里アナの後ろでは、引退した菅アナが、会場の音響設備の調整を担当。カメラを向けたのに気付き、後ろでVサイン。

CIMG1685.JPG CIMG1688.JPG

ロシア大使館からの代表者の挨拶なども続き、ロシアの声リスナーズクラブ「ペーチカ」事務局代表の松本卓也さんによる寸劇が続く。第1部としては、往年の名物アナウンサー西野アナの司会で、過去の放送を聴きながら、河崎ご夫妻とのモスクワ放送時代を振り返るトーク。

CIMG1701.JPG CIMG1703.JPG

第2部は、司会進行を西野アナから現役の日向寺アナが引き継ぎ、1990年代からの往年のアナウンサーOB・OGを招き、次々と当時を振り返るトークが続けられた。

CIMG1713.JPG CIMG1708.JPG

山之内アナは、今でも御美しいままでした。1990年代から2000年代前半は、私がBCLを休止していた時代なので、アナウンサーの方々も知らない人ばかりでした。皆さんは懐かしい方がいっぱいではないでしょうか?

CIMG1718.JPG CIMG1729.JPG

いちのへ友里アナや菅アナは、私がBCLを復活後、VORで活躍されていたアナウンサーでしたので、懐かしい感じでした。いちのへアナの右隣に座っている方は、今年5月から登場予定の新人アナウンサーです。名前は、お楽しみに。集合写真は、会場の外にいた方々との1コマ。

CIMG1731.JPG CIMG1738.JPG

2次会は、同じホテルのバーに集まり、皆さんと歓談。最後にロシアの声から、往年のリスナー(たぶん、今後のVORの番組で紹介されることでしょう)への表彰や今回の会の主催で活躍された松本さんなどが表彰され、お開きとなりました。3次会もあったようですが、流石に私は、辞退して帰宅しました。皆さん、お疲れ様でした。また、VORの皆さま、楽しい時間ありがとうございました。

局の皆さんとリスナーの集いへの参加は、BCLでラジオに向かうだけでなく、別の楽しい機会を与えてくれます。皆さんも次回参加してみては如何でしょうか。


posted by k_iwasa at 23:28| Comment(6) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

Radio Free AsiaのA12スケジュール

Radio Free Asia (RFA)からA12スケジュール(2012年度夏季スケジュール)が届きました。このスケジュールは、3月25日(日)17:00JSTから適用されるとのことです。ご参考までに。

スケジュール情報は、こちらから。A12Frequencies25Mar12.pdf




posted by k_iwasa at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

ロシアの声2012夏季周波数

ロシアの声リスナーズクラブ「ペーチカ」事務局の松本卓也さんからロシアの声日本語放送の2012年夏季周波数の情報を下記の通り頂きました。

(以下は、頂いた情報)

今月25日から10月27日までのロシアの声日本語放送周波数がやっと判明いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

21:00〜22:00 720kHz 7235kHz 7340kHz
22:00〜23:00  21時台に同じ

なお、720kHzは、ユージノサハリーンスク500kW、7235kHzは、イルクーツク100kW、7340kHzは、ペトロパブローフスク・カムチャーツキィ250kWと思われます。

(以上)

尚、ロシアの声リスナーズクラブ「ペーチカ」のホームページは、下記の通りです。

http://www.geocities.jp/pechika041029/


posted by k_iwasa at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

ロシアの声日本語70周年記念パーティー

ロシアの声リスナーズクラブ「ペーチカ」の事務局松本卓也さんから「ロシアの声日本語70周年記念パーティー」を計画中との連絡を頂きました。会の発起人及び幹事(敬称略)は、幹事長:西野肇(OB)、日向寺康雄(現役日本課チーフアナウンサー)、いちのへ友里(東京特派員)、菅聡史(OB)、松本卓也(「ペーチカ」事務局)とのことですので、当日は、OB・OGの方々が参加されることでしょう。是非、この機会に、私も参加したいと思います。

◎日時 2012年3月31日(土)  14:00〜16:30  (2次会は16:45〜18:15)

◎場所 渋谷東武ホテル 地下2階「鳳凰の間」 
   (2次会は同ホテル地下1階バー「ラフィーネ」)
   〒150-0042東京都渋谷区宇田川町3番1号O3-3476-0111(代)  

◎ 会費 おひとり7.000円 ※事前に参加申込みが必要。

とのこと、申込み時期など、詳しくは、下記ペーチカのサイトで案内しています。

http://www.geocities.jp/pechika041029/70kinen


posted by k_iwasa at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

HCJB GLOBAL Voice 1月のベリカード

HCJB GLOBAL Voice日本語放送のホームページに来年1月のベリカードが掲載されました。

HCJB201201.jpg

今日のサタデートークは、先日秋葉原で開催したBCL懇親会のインタビュー番組でした。その時の様子をレポートとして、HCJBのホームページにアップしました。来週もこのインタビューの後半が放送されます。番組は、HCJB日本語ホームページからもお聴き頂けます。

HCJB日本語放送のホームページは、こちらから。


posted by k_iwasa at 08:18| Comment(4) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

日本短波クラブ2012年度電子ベリカード

日本短波クラブ(JSWC)の2012年度の新電子ベリカードができました。毎年、JSWCのべリカードの絵柄は、会員でもあるキム画伯が描かれています。2012年度は、辰年にちなんだ絵が描かれています。

2012JSWCQSL.jpg

この電子ベリカードは、JSWCが作成した番組(AWRのWAVESCAN「毎月第一日曜日がJSWC担当番組」)に対する電子メールによる受信報告あるいは、HCJB日本語放送の中で、日本短波クラブの会員と紹介された会員が出演した番組に対する電子メールによる受信報告書に対してのみ発行されます。受信報告書には、番組の詳細内容が書かれていないと、発行されません。受信報告書の受付は、jswcqsl @ live.jp(@マークの前後のスペースを詰めて)まで。

<2012/01/02追記>
今月1月は、第二日曜日(1/8)にJSWCの番組が放送されます。


posted by k_iwasa at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

KBS WORLD Radio年末年始特別番組

KBS WORLD Radio日本語ホームページで、年末年始特別番組の情報を掲載しています。内容は、以下の通り。

●12月30日(金)
後半30分「年末特集 2011年の韓国」

●12月31日(土)
10分間『今年の10大ニュース』その後の50分間『アナウンサー・オンパレード』

●1月1日(日)
李明博大統領の新年のあいさつ、
『Sunday Music Power 元日スペシャル(ゲスト:岸加那子「国楽の世界へ」担当)』

●1月2日(月)
後半30分間 新年企画『江原道バウギル それは人生の道』

●1月6日(金)
『2012年 新春座談会』をニュースの後、50分間

12月31日の『アナウンサー・オンパレード』では、毎年アナウンサーの楽しい歌が聴けます。なぜ、楽しいかって、それは、是非、聴いて楽しんでください。私は、毎年腹を抱えて笑っています。


posted by k_iwasa at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

VOR年末年始特別番組

ロシアの声リスナーズクラブ「ペーチカ」事務局の松本卓也さんから下記の通り、ロシアの声の年末年始特別番組の情報を頂きました。

(2011年)
●12月29日(木)
@ 21:00〜22:00 通常番組 
A 22:00〜23:00 「ヤングウェーブ総集編2011―明日のロ日関係を担う若者達」 後閑アナ担当

●12月30日(金)
@「お便りボリショエ・スパシーバPARTT」 今年日本各地のリスナーから頂いたお手紙・お葉書・Eメールの中からO・ザルワイーロワ編集員が選りすぐった「お便り」の数々を今一度御紹介します。
A MMM 「ボリショイ劇場2011」年末恒例バレエ「くるみ割り人形」など、今年前面改修なったボリショイ劇場の話題を中心に。

●12月31日(土)
@ 「お便りボリショエ・スパシーバPARTT」 再放送
A「お便りボリショエ・スパシーバPARTU 行く年来る年」 

(2012年)
●1月1日(日)@ 「モスクワから声の年賀状」 I.ブリトフ・アジア課長、L.レヴィン前二本課長など日本語課ロシア人職員及び岡田敬介編集顧問からリスナーの皆さんへの新年の御挨拶。 
A「お便り ス・ノーヴィムゴーダム」 早々とリスナーから頂いた年賀状の数々を御紹介するとともに、日本語課アナウンサーのメッセージをお伝えします。 お年玉クイズ発表もお楽しみに!

●1月2日(月)@ MMM 新春オペラ・アワー「ルスランとリュドミラ」第一部 グリンカの名作オペラの世界へ後閑・日向寺両アナが皆さんを誘います。 
A 「モスクワから声の年賀状」再放送

●1月3日(火)
@ MMM 新春オペラ・アワー「ルスランとリュドミラ」第二部 
A 「カレンダーリ2012」前半 来年ロシアが迎える歴史的・文化的記念日の数々を順に御紹介してゆく新年恒例番組。もちろん「ロシアの声」日本語放送開始70周年も、その1つに入っています。L・サーキャン編集員制作・山上アナ担当。

●1月4日(水)
@ 「カレンダーリ2012」後半 
A 「モスクワ情報エキスプレス新年号」 若手bP安本アナがロシアの視点から世界の最新情報を分かりやすく読み解きます。

●1月5日(木)
@ 「モスクワ情報エキスプレス新年号」再放送 
A「マロース爺さんってどんな人」 ロシアのクリスマス(ロジジェストヴォ)を前に、ロシア版サンタクロースと言われるマロース爺さんについての真野・日向寺両アナの楽しいおしゃべり。

●1月6日(金)
@ 「マロース爺さんってどんな人」再放送 
A MMM 作曲家スクリャービン生誕140周年によせて L・サーキャン編集員制作・日向寺アナ担当

●1月7日(土)
@ 新春朗読スペシャル「イーダ」(ブーニン作)雪のモスクワの街にすれ違う大人の男女の愛の物語に若手のホープ安本アナが挑戦します。 
A 「お便り 今年もスパシーバ」 新年第一週にモスクワに届いたEメールを中心にした番組を予定していますが、皆さんからのメールが届かないと番組が成り立ちません。 どうかよろしくお願いします。

●1月8日(日)
@ 「お便り 今年もスパシーバ」 再放送 
A MMM 新春オペラ・アワー「ルスランとリュドミラ」第一部 再放送

●1月9日(月)
@ MMM 新春オペラ・アワー「ルスランとリュドミラ」第二部 再放送 
A 新春朗読スペシャル「イーダ」(ブーニン作)再放送

以上です。また、ロシアの声日本語課に、新人のアナウンサー2名(山口舞さんと和田達朗さん)が入局するとのことです。日本語課の強化には、期待したいですね。


posted by k_iwasa at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

CRI年末年始特別番組

中国国際放送局(CRI)から年末年始特別番組についての案内と年賀カードが届きました。

CRI2012NY01.jpg CRI2012NY02.jpg

今年も恒例の人気番組「紅白歌比べ、知恵比べ」を行うとのことです。CRIは、リスナーからの採点を募集しています。

CRI201112LT01.jpg CRI201112LT02.jpg

また、上記案内にもある通り、2012年の中日国交正常化40周年に当たり、これを記念する電子ベリカードシリーズを計画中とのことで、リスナーからの写真提供を募っています。詳しくは、上記レターをご参照ください。


posted by k_iwasa at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

三才ブックス「別冊ラジオライフDX」発売

今日12月19日、三才ブックスから「別冊ラジオライフDX」(1,400円)が発売されました。”誰もが読んだ。懐かしの「ラジオライフ」復活”とタイトルで書かれているように、ラジオライフが発売された当時のラジオ・無線中心に記事が書かれている。最近のラジオライフでは、表題と異なる記事「盗聴やコピーガードの解除方法」など、少し如何わしい記事が多く、ラジオファンから少し離れた記事が多い。しかし、この冊子では、電波中心の記事になっています。といっても悲しいかなBCL関連記事は、少ない状況。欲を言うと、もっとBCL関連記事がほしいですね。三才ブックスさんお願いします。

RadioLifeDX.jpg


posted by k_iwasa at 22:20| Comment(6) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金正日総書記死去を伝えるチョソンの声

金正日総書記が亡くなって、今日の朝鮮の声日本語放送でも、このニュースを放送していました。今日は、帰宅後20時からと21時からの放送をチェックしてみました。いつものように金日成将軍の歌、金正日将軍の歌で始まり、ニュースでは、アナウンサーが静かなトーンで金正日総書記がどれだけ偉大であったかを延々説明して、亡くなったことを悼むニュースが続いていました。もちろん、正恩(ジョンウン)氏が、その偉業を引き継ぐことも伝えていました。

17日に亡くなって、今まで発表がふせられていたのも、この間、何かあったのかと思わせるところがありますね。当面、この国の情勢は、要チェックですね。チョソンの声の放送も聴いて行きたいと思います。


posted by k_iwasa at 21:48| Comment(6) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

KBS WORLD Radio 2012年卓上カレンダー

KBS WORLD Radio日本語放送局から2012年度の卓上カレンダーが届きました。2012年度は、「K-POP IDOL GROUPS 2012」というタイトルのカレンダーで、各月韓国の人気アイドルグループの写真を掲載したカレンダーでした。各月のアイドルは、下記の通り。

1月 4MINUTE
2月 BEAST
3月 KARA
4月 BOYFRIEND
5月 miss A
6月 INFINITE
7月 RAINBOW
8月 MBLAQ
9月 SISTAR
10月 2AM
11月 WONDER GIRLS
12月 2PM

K-POPファンにとっては、凄く貴重なカレンダーになりそうです。送られてきた封筒もカレンダー送付専用の封筒のようでした。

KBS2012Cal01.jpg KBS2012Cal02.jpg


posted by k_iwasa at 21:42| Comment(8) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

ラジオ番組表とラジオマニア

今日、本屋で、三才ブックス社出版の「ラジオ番組表2011秋版」(980円)と「ラジオマニア2011-2012」(1,500円)を見つけたので購入してきました。「ラジオ番組表2011秋版」は、いつものように秋の番組改編情報から始まり、各局の番組表、コミュニティーFMの情報と続く。国内ラジオファンには、必須のアイテムだ。「ラジオマニア2011-2012」では、ラジオ番組制作の裏側紹介記事、受信機材を極めるという記事、ラジオをもっと面白くするためのテクニック等々、付録には、AMラジオ秋の新番組ダイジェストのCD-ROMが添付されていた。こちらは、今回国内局の情報が中心。ラジオマニアは、国内BCL、BCLライフは、海外BCL本といったところでしょうか。

RadioTT2011Aut.jpg RadioMania2011.jpg


posted by k_iwasa at 18:38| Comment(5) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

海外日本語放送B11スケジュール更新

10月30日には、海外日本語放送局の多くがB11スケジュールに周波数を移行します。わかる範囲で更新しました。CRIなども例年更新を行いますが、まだどこにも情報は出ておりません。

http://www.geocities.jp/ka_iwasa/BCLjapanese.htm

情報更新に当たっては、下記の情報を参考にしています。

BVB 天利牧師からのメール
VOR ペーチカ
VOK 国際短波放送情報HP
Radio Thailand、IRIB、KBS WORLD Radio 局ホームページ

尚、Family RadioおよびCRIは、昨年のB10スケジュールが下記の周波数でしたので、下記周波数が要チェックです。(単位:kHz)

●Family Radio
19:00-20:00 7265

●CRI
07:00-08:00 5985,7440
08:00-09:00 9435,9695
19:00-20:00 7325,9440
20:00-21:00 1044,7260,7325
21:00-22:00 1044,7260,7325
22:00-23:00 1044,7215,7325
23:00-00:00 1044,7210,7410
00:00-01:00 1044,5980,7220

<2011.10.30 19:25追記>
やはり、想像通り、CRIは、上記スケジュールにて番組が始まりました。CRIのホームページも19時前後にスケジュールが更新されました。ただし、実行日期が「2011年3月21日から」のままになっていましたので、先ほど、CRIにメールしておきました。Family Radioは、7245kHzにも7265kHzにも出ていませんね。

<2011.10.31 07:06追記>
VOMの放送の中で0:00からの放送を9665kHzで放送とアナウンスしていますが、これは、再放送によるものと思われます。昨日は、従来の12015kHzで放送されていました。そのため、スケジュール表も元に戻しました。紛らわしいですね。


posted by k_iwasa at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | BCL news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。