2007年10月20日

「Radio St Helena day」

Radio St Helena(http://www.sthelena.se/radioproject/)のサイトにこんな情報がありました。



Radio St. Helena
is celebrating its special DOUBLE ANNIVERSARY year 2007
with a very special
Radio St. Helena Day 2007 world-wide shortwave broadcast.

The year 2007 marks a DOUBLE ANNIVERSARY for Radio St. Helena :
- - the 40 th anniversary of broadcasting for Radio St. Helena, and
- - the 10 th shortwave transmision anniversary.

Saturday, 15. December 2007
----------------------------------------
From UTC To UTC Target area
-------- --------- -------------
1730 1815 New Zealand
1815 1900 India
1900 2015 Japan
2015 2145 Europe
2145 2245 North America East
2245 2330 North America West
2330 0015 South America North
0015 0100 South America Central/South

RSH will be transmitting on 11092.5 KHz in USB with 1000 Watts and
using a 3-element monoband directional antenna.

There will be a VERY SPECIAL and beautiful full-colour QSL card
issued by Radio St. Helena for this special DOUBLE ANNIVERSARY
shortwave transmission.

The same procedures as in 2006 for reception reports, return postage, and
QSLing
will apply for this broadcast in 2007.

Watch our web page: www.sthelena.se/radioproject for more information.

With best greetings and wishes for good listening conditions,

Laura Lawrence Station Manager of Radio St. Helena
Robert Kipp Special Assistant to Laura Lawrence
Jamestown, St. Helena / Langen, Germany
08. October 2007



受信報告には、「少なくとも」IRC3枚、または5ドルか5ユーロを同封してほしいそうです。

受信報告書のあて先は

Radio St. Helena
P.O. Box 24
Jamestown
St. Helena Island
STHL 1ZZ
South Atlantic Ocean

posted by k_iwasa at 13:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 山本優太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

CRI日本語放送のQSL

月刊短波10月号(http://www5a.biglobe.ne.jp/~BCLSWL/)にこんな情報がありました。


◎CRI日本語部が国交正常化35周年記念電子QSLカード発行
 中国国際放送局日本語部では中日国交正常化35五周年記念の電子QSLカードをメール(nihao2180 @ cri.com.cn )によるレポートに対して発行する。但し10月1日から7日
間は国慶節連休のため返事はその後になる。

早速、レポートしてみようと思います。

posted by k_iwasa at 19:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 山本優太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RAI国際放送の廃止

月刊短波10月号(http://www5a.biglobe.ne.jp/~BCLSWL/)にこんな記事がありました。


◎RAIの国際放送9月30日で廃止
イタリアのNewslinetの報道では、 ローマ近郊にあるRAIのPrato Smeraldo国際放送送信施設に9月30日で施設を閉鎖する命令が出された。 この事はRAIの短波放送の廃止を意味する。現在60名のス
タッフ(内半分は短期契約)で26カ国語で放送を行っているが、 スタッがどうなるかも不確定である。これはイタリア政府とRAIとの間の話し合いで決定された事であるが、 短波廃止後衛星やインターネットで放送を継
続するかも明らかでない。イタリア語放送は各国のFM放送局によって中継される事になるかも知れない。 イタリアの国際放送は1930年7月1日に開始され、 1934年にはムッソリーニ
政権の元で外国語放送が開始された。 戦後の1946年9月3日よりは現在の国際放送が再開され、 1955年よりはRAIの100%子会社である「RAI International」によって放送が続けら
れて来たが、同社の興味はこのところ国際TV放送に移っていた。 (Media Network)

もう、あの鳥の声のISが聞けなくなると思うと、とても残念ですね。


posted by k_iwasa at 12:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 山本優太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

今年の「Radio St.Helena Day」

Radio St.Helena(http://www.sthelena.se/radioproject/ )のサイトにこんな情報がありました。

RSH Latest News
To celebrate R St Helena 40 years - a new R St Helena Day will take place in
December 2007! More on this later!

今年は12月に放送されるようですね。
僕はまだ受信したことがないので、この機会に受信してみたいです。



posted by k_iwasa at 15:03| Comment(4) | TrackBack(1) | 山本優太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

Bangladesh Betarの周波数変更

月刊短波(http://www5a.biglobe.ne.jp/~BCLSWL/)の09月号にこんな記事がありました。

◎ Bangladesh Betar 7250kHzに
インドのSowopan Chakroborty氏によると、 Bangladesh BetarのExternal Serviceは次のように行われている。
21:30-22:00 英語 22:15-22:45 ネパール語 23:00-23:30 ウルドー語 00:15-00:45
ヒンズー語 01:00-01:30 アラビア語 7250kHz
01:30-02:30 ベンガル語 02:45-03:15 英語(イスラムの声) 03:15-04:00 英語(GOS)
04:15-05:00 ベンガル語 7250 9550kHz
なお国内向け放送は4750kHzで出ている。 (DX Listening Digest 7091)

僕はまだBangladesh Betarを受信したことが無いので、この機会に受信してみようと思います。


posted by k_iwasa at 15:19| Comment(1) | TrackBack(1) | 山本優太 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする